優生思想は結局正しい

能力こそが全て

 

例えばあなたの身内に重度の障害を抱えてる人が居たらどうだろうか

途端に生活は大変にならないだろうか

パフォーマンスが落ちたりしないだろうか

ましてやそれが他人同士の結び合いである夫婦なら離婚事由になったりはしないだろうか

 

要は「能力が高く無ければ誰かを不幸にする」のである

そういう仕組みになっている

原始時代から今日に至るまで全ての生物はその縛りからは逃れられない

 

ただ個人的に一番問題なのは「能力がないこと」それ自体ではなく「能力が無くても問題がない」という認識の欠如やズレが最も問題だと思っている

これについてはニーチェも「力への意志」でその様に触れている

「無能が悪い」という認識があれば誰でも能力をつけようと努力するあるいは何かで頑張ろうとする

しかし「無能は問題ない」という認識はそのまま何の努力もせずむしろ無能を肯定するからである

勿論俺のこの理論はガチガチの武家思想に近く合理的で無駄が無い

だが息苦しく万人に受け入れられる訳がない厳しい思想なのである

俺だって毎日筋トレやらない奴はクズだと言葉を浴びせられればやりたくもないのに辛いと反発したくなる気持ちは分かる

ただだからと言って「何もしなくていい」とはならないしそれは違う

昨今の甘やかされ続けたクズは「僕はあれができません。そして何も頑張りません、それで問題ありません」と本気で考えている

マジで何の取り柄もないようなゴミがのうのうと生きているのである

それが一族、村、町、地方、国と広がると無能がいればいるだけ社会の負担は大きくなる

そしてその結果はもう既に如実に社会に反映されて結果として出ている

これだけ国家や地方や個人が衰退しているのはあまりにも「無能」が多過ぎる故の結果なのだ

グローバリズムがどうとかいう話もあるが俺はそれだけではないと考える

なぜならゲームや音楽や映画、品質の高い車などを易々と果たして海外で作れるだろうか?

要はグローバリズムの外にあるような分野でさえ日本は随分結果を出していなくはないだろうか?

グローバリズムを盾にして自らの無能から目を背けてはいないだろうか?

なぜ低予算で作られたカナダの映画「CUBE」や韓国の「パラサイト」のような面白い作品が無いのか?

他のエンタメも全部同じ

つまりこれは日本人そのものの質の低下でしかないのではないと推察できないか?

俺はこの考えは概ねとして間違っていないと思う

 

話を戻そう

俺はこんな今に始まったことではない話をしたいのではない

俺自身にもっと直接関与する話をしたかったのだ

俺は人間を信用しないし人間と関わらない

なぜなら上述するように無能と関わるだけデメリットでしかないからだ

だから俺は合理的に無能とは関わらない、シンプルにそれだけだ

具体的には身内と縁を切る

特に俺自身を幼少時から虐待してきた母親とはほぼ一切の関わりを断ちたい

地獄に落ちて死ねばいいと心の底から思っている

それを間違っているとも思わない

むしろ合理的で素晴らしい判断だと我ながらに思う

そういう損得勘定で動けない人も中にはいるだろうが俺はできる

幸いにも俺自身に元からなのか後からついてきたのかは分からないがそういう才能はあったようだ

俺は無能と関わらない

理由は何遍も言っているようにシンプルに「メリットが皆無でデメリットしかない」からだ

金を払わない会社で働く、金を出さない客と関わるのと全く同じことだからだ

だから俺は無能とは関わらないしこれを徹底している

そして自分自身が有能になるしかない

これが一番自らを助けそして自分以外の誰かの為にもなる生存戦略なのだ

無能と関わらず自らが有能となる

これ以上の合理的行動は人生において存在し得ない

 

今日はそういうお話でした

全てはアイデアと行動力

やる気が湧かないならやらなくていい

できることだけをやればいい

何もできないなら体を伸ばして寝ればいい

気が向いたら丹田に力を込めればいい

人生なんてそれでいい

 

人生とは自己完結の物語なのだ

何をするもしないも自分自身が決めることの連続だ

結果では無く行動(アクション)こそが全て

それ以外は全部幻想だ

存在しない何かでしかない

結果なんてものは存在しない

「人生とはチョコレートの箱のようなもの。箱を開けるまでは中身がどうなってるかは分からない」(フォレストガンプより引用)

つまりは塞翁が馬

そしてシュレディンガーの猫

コインを投じることに意味があるのでありそのコインの裏表を気にする必要などない

 

「結果だけだ。この世には結果だけが残る」

 

いいや、違う

結果なんて何一つとも残りはしない

残るのはコインを投げ続ける行動のみであり

過去に出した裏表の結果など何も残らない

そして過去の結果を受けて現在「何をしているかが全て」なのである

過去すごい活躍しました、だから満足して現在は何もしてませんでは何の意味もない

過去全然ダメでゴミでした。でも現在も日々鍛錬し行動し続けています

では後者の方が遥かに価値が高い

そして1万時間の法則というものがある

簡単に言えば人はその物事に1万時間をかければ一流の技術を手にするという理論だ

自分はこの法則は概ね正しいと思う

勿論才能があることを前提とするが無くても初心者よりかは技術が身に就くし才能があればトップクラスに並ぶことも十二分に可能

つまり行動することだ

今がダメダメでも関係ない

どんなクズだろうが関係ない

考えながら行動し1万時間やりゃあいいだけの話

それが一番最短の道だよ

どれだけ俺の様に人格破綻者で職場とのコミュニケーション欠如や対人関係が滅茶苦茶なゴミ人間でも

仕事でキチガイのように働き続けて5年で8000時間も費やせばそんじょそこらの同業者なんざごぼう抜きするほどの技術を身に着けることができた

当然運もあったしいい指導者に恵まれたことも大きい

でもその運や才能を活かすことができたのも「行動」あってこそでしかない

人は動くのを辞めた瞬間に腐り始める

常に考えて行動し前だけを向いて殴り続けろ

殴り続けた先にだけ力がついてくる

結局思考と行動とアイデアのトライ&エラーしかねえんだ

人は止まったら死ぬ

止まったら人は死ぬんだ

 

本物の力を手にした時に止まればいい

止まってももう体が技術を憶えている

一生物の力を手にしてるのだ

一瞬だけ学んですぐ消え失せる受験知識なんかとは段違いの財産がそこにはある

数年間だけ学んでその道に進まなければ意味の無い知識とは全く違う

実践できる力

実践力がそこにはある

ただ頭の中で分かってるだけでどうしたらいいか分かってないようなクソの役にも立たない知識バカ共とは到底かけ離れた力がある

この世の大半の座学は何の意味もねえ

無意味に遠回りしてるだけだ

教科書だけ読み込んで一体何になるのかさっぱり分からねえ

ウェイターが物の運び方を3年間教科書とテストだけでじっくり学んでるのと同じくらい無意味だ

それさえわからねえ馬鹿しかいねえ池沼社会がこの世なんだよ

もっと人として当たり前の疑問を持てやクソ馬鹿共が

テメエらみてえな馬鹿が世の中を何もかもおかしくしてんだよ

持ちキャラ

何体のキャラを持てばいいのかが分からん

くだらねえコンボレシピを頭に叩き込むことを考慮すれば数は自ずと絞られてくる

特に俺はこの手のレシピを憶えるのがクソ嫌い

ただ覚えなくてもいいキャラもいるandある程度記憶したキャラ

例えばウル4で言えばリュウヤンザンギなんかはもう何も考えなくても使える

じゃあユンとかヴァイパーとかケンも使えるとしてそいつらを戦いの場に出せるだろうか?

出しづらさとか抵抗感はある

コンボだけじゃなく立ち回りだって頭がグチャグチャになる

出しづらさの問題とは自信の問題なのだろうか?

イメージ的な勝てるビジョンとか絵面が浮かんでこないみたいな

それは確かにある

その抵抗感

それを払しょくするにはひたすらトレモと実践しかない

そんな時間を確保できるか?という話

無理なんだよね

そうなると2,3キャラが限界

そもそも一日数時間の練習で強くなれるのか?という話

理論に現実がついていけない

結局時間をかけるしかないのだ、仕事のように

ただ俺には時間も体力も気力も何もかもが足りない

 

 

 

 

それでもコツコツ積み重ねていくしかない

結局それからは逃げられん

浅くてもいい

複数キャラを持てるだけ持とう

意味なんか無くても

勝てなくてもいい

複数キャラを持てるだけ持ちたいだけ持つ

無意味でいいし無謀でいい無駄でいい

俺はゴミだ

ゴミはゴミとして生きよう

金と時間と人は無価値になるかを考察

最近ふと冷静に考えを巡らせているとお金って意味あるんだろうかとか時間って意味あるんだろうかとか人との繋がりに意味があるのかを考えていた

 

お金のメリットとして老後が安泰だとか急な事故や病気に対応ができるとか資産運用で不労所得がだとか色々挙げることができる、が

それってそこまで重要だろうか?と思うのである

つまりどういうことかと言うとじゃあお金が無いと今現在のあなたは不幸なんですか?という話なのである

今はそうじゃなくても事故や病気の安心感がという点についても同じだ

じゃあ事故や病気になってもお金があれば幸福なんですか?と

次にお金が無いよりかはあるほうが確実に幸福と言うが

つまりそれだけの差異の為だけにあなたには莫大なお金が必要なんですね?と返すことになる

結婚がとか子供がとか家族が形成できる、車や家を持ち豊かに暮らせると答えるかもしれない

つまりあなたはそれらが無きゃ幸せでは無いということになる

それって言い換えると「贅沢」なだけと言えなくは無いだろうか?

つまり私は月に10万円の食費を使わなきゃ幸せを感じないと言う人と変わらないのでは無いだろうか?

嗜好品に何万円、ソシャゲの課金に何万円と言ってる人達と何が違うと言うのだろうか

そしてそんな人間をあなたはどう思うか

私の率直な感想を言えばそれら全てが「無駄」でしかないに尽きるのだ

逆にお金は持てば持つほど失うことへの恐怖が増しはしないだろうか

お金を得て安心感を得るつもりが逆にお金が目減りすることの恐怖感へといつ牙が剥くかに脅威を感じてはいないだろうか

以上が私の「お金」に関する見解だ

 

次に時間

私は時間はあり過ぎるべきでは無いと考えている

毎日が日曜日とは毎日が地獄と同義である

そんなに時間があって一体何をするというのか

以前にも書いたが人間は少しの嫌なことがある方がやりたい事やしたい事の喜びが増すようにできている

もちろん働き過ぎは良くないが同じかそれ以上に時間を腐らせる程持つことは地獄である

短いが以上が私の「時間」に対する見解

 

最期に人だ

私は他人を不要だと思っている

関わりやしがらみは少なければ少ないほどいいと思う

なぜなら他人は無能だからだ

もしも他人が有能で素晴らしい存在だと言うのなら社会や世の中や政治や経済はこのような出鱈目になってなどいないし犯罪も存在しないし法律や規制なんてものも有り得ない

勿論今の自分は他人が作った家を借りて住み他人が作った食物を食べ他人が送ってくれた物を手に取ったり様々なサービスを施されて生活している

それについては当然感謝している

ただそれでも「それ以上」の距離感で必要ないことには何ら変わりはない

その一線を踏み越えて関わることのメリットは薄い

故に友達やコミュニティの形成は必要としていない

なぜならやはり他人は無能だからだ

他人は常に間違い続ける

他人が自分にとって正しいことなど無いのだ

自分にとって正しいことは自分でしか有り得ない

「それはおかしい」と思う人がいるのなら

どこか治安の悪い場所で他人と接しそこの滅茶苦茶なローカルルールに素直に従うことに同意するのと同じだ

「他人が正しい」とはつまりそういうことだ

他人が正しいの常に他人にとって正しいだけ

自分にとっては何の正当性もない

正論や合理性など他者にとってはどうでもいい鬱陶しいものでしかないのだ

だから社会には「法律」や「規則」があるんだろ?

もし他人が常に正しいことしかしないなら法律や規則なんて存在する必要性がない

法律や規則に引っかからずとも他人なんて自分のことしか頭になく自分さえ良ければそれでいいと思って生きているのだ

そんな奴と関わって一体何になる?

だから俺は他人を要しない

金を払って必要なだけのサービスを施されればそれでいい

それ以上など求めていない、鬱陶しいだけだ

以上が人に対する見解である

 

つまり私は金も時間も人も何もいらないのだ

欲しい物はたった一つだけ

強烈な才能だ

それも自分を喜ばせることのできる楽しい力を欲している

地産地消

自分が自分を楽しませられるならこれ以上の喜びやコンテンツなど存在しない

以上が私の価値についての考察でした。

緊張感が必要

休日自分はダラダラする癖がある

と言うより家にいると一気にスイッチが抜けて力が一切入らないクソ人間になる

 

今になってそれがあまり良くないんじゃないかと思い始めてきたのだ

リラックスは良いことだと思っていたがリラックスはし過ぎるとイライラするのである

やはりある程度緊張感を持ち律することが平穏に近づける

 

リラックスをし過ぎるデメリット

・腹が減る

・無気力

・何もできない

 

これでイライラしない人間が果たしているのだろうか

僅かな緊張感があるほうが人は活動的になれる

だから老後に仕事を辞めない方がよかったり不労所得で働く必要がなくなったとしても緊張感を損なえば地獄へと早変わりする

人はストレスがある方がストレスが少ないのだ

そしてそのストレスの作り方が難しい

今後はその方法について考えていきたい

喜ばない訳

人から褒められても何にも嬉しくない
「ありがとうございます」とか「いい動きですね」とか言われても全然高揚しない
むしろイラッときて気分が下がる
こういうのを天邪鬼だと言うのだろうが
自分なりに理由がある
要は素直じゃないのが全てだと思う
散々馬鹿にされたり軽んじられて生きてきたりしたせいもあるし
そもそも人間が嫌いなのもある
人間に何も期待しないように生きてるから他人の言葉を受け入れないのである
 
褒められたところで心は動かず
 
自分が信用してない相手の言葉を何も信じないというのもある
だからこれは天邪鬼なんかじゃない
自己防衛なのだ
 
自分が気に入った女の子くらいじゃないと俺の心は固く閉ざしたまま塞がるだろう
そして気に入った女の子でさえも信じない
俺は多分もう俺の両手以外何も信じないかもしれない

この世は全部無意味だけど無意味じゃない

この世は全部無意味

 

だが無意味であることを前提として無意味ではない

そしてそれは人によって違う

例えば「この世は全部無意味だから」という人物がいたとしよう

そうした時「じゃあ生きることも無意味なら今すぐ死んでみてよ」と伝えてあげるとそいつは死なないだろう

それで稀に死ぬ奴がいたとしてもそれは死にたかった奴でしかない

つまり今すぐ死ぬことに意味があった奴となりそいつにとって死ぬことに意味ができてしまっているのだ

なのでどちらにせよ生きるにしろ死ぬにしろそいつの中で無意味なはずが無意味でなくなってしまっている

 

つまりこれはどういうことか、なぜこんなことになるのか

意思のある存在は必ず意味を作ることができてしまうからだ

あるいは意思なんて無くとも意味を作れてしまう

例えばなぜ紙に火を当てると紙は燃えてしまうのか

手で触ったって燃えないし熱したフライパンを当てても燃えない

が、火を一瞬でも当てるとたちまち燃え上がってしまう

それはそういう現象だからだ

物を落とせば必ず下に向かって物は落ちる

これも引力という力が働いて落ちるようになっている

これらはそれぞれが意思などなくてもそれが起こるべくして起こるように意味付けされているからである

雑に言えばそうプログラムされている

1,3,5,7,9…と延々と2ずつ数を増やしていく進数のように決まった通りにそう動く

そういう意味を持ってそれは存在しているのだ

そして人間にとっての意味とは個々人が意味付けする

寝ることから全てがバラバラに別の意味を持っている

だが他人の意味は他人にとっては無意味なのだ

意味を共有することはできなくはないがまた違ってくる

冒頭の「この世は全部無意味」とは全てを俯瞰的に見ればそうなる

自分が「この世:から存在していないと仮定した上での言葉としては当たっている

が、この世にまだ実存しているのであればその言葉は違うのである

つまりこの世とは自分が死んだ後は何も意味を持たない場所なのである

この世は遠い場所の一度立ち寄って利用したトイレと同じくらいの場所でしかない

今ここで自分が実存しているなら自分がしたいと思ったこと

やりたいことがそのまま意味になってくる

よく子供の頃ゲームをしていたら親から「そんなことは無意味だ」と言ってくる親がいた

しかしそれは親にとっての「無意味」でしかなくやっている当人にとっては意味のあることなのだ

それはお金にならないだとか将来何の役にも立たないといった理由がズラズラと並べられていたが

そもそもにこの世に意味を作るのは自分以外にいないのだから外野が決めることではないのだ

1,3,5,9…というプラグラムに向かってそれは意味が無いから役に立つ電卓になれと言ってるようなものだし

火に向かってそれは火事になって危ないから燃やすなと言ってるのと同じで

包丁に手が切れたらどうするんだ!と怒鳴り何も切れないようになれ!と言っているのと同じなのだ

そしてそれらを無理やり変えたらどうなるだろうか

ただの何の意味もない存在しているだけのゴミになるだけではないだろうか?

何も燃やせない火は存在を失くし切れない包丁はただの置物

電卓になれと言われたプログラムはガワだけ電卓となり1.3.5.9…と表示されるだけ

つまり意味とは自分が作るものであって周りが作ることじゃないということ

生きたいと思うから我々は生きてるし飯を食いたいから飯を食って寝たいと思うから寝ているのだ

そしてそれでいい

それが意味なのだ

俯瞰すれば無意味だが当人にとっちゃそれが意味ある行いだ

だから何をやってもいいどうしたっていい

咎められることは何もない

自分がしたいことだけを忠実にやればそれでいい

それが意味なのだ

それ以上も以下も無い